女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。

第一ホテルアネックス「ラ・パランツァ」ランチビュッフェ 口コミ

f:id:satomi77:20180823105733j:plain

今回は東京都千代田区の「第一ホテルアネックス」の中にあるトラットリア「ラ・パランツァ」のイタリアンドルチェビュッフェでスイーツをたくさん食べてきたのでレポートします。

スポンサードリンク
 

 

第一ホテルアネックスについて

f:id:satomi77:20180823105837j:plain

第一ホテルアネックスは、JR新橋駅日比谷出口から徒歩3分の距離にあるホテルです。

f:id:satomi77:20180823105854j:plain

こちらが第一ホテルアネックスの玄関です。

f:id:satomi77:20180823105903j:plain

ロビーへ入り左側へ。
f:id:satomi77:20180823105912j:plain

エレベーターがあるので、地下一階に降ります。

f:id:satomi77:20180823105922j:plain

エレベーターを降りてすぐ、真っ直ぐ進むとあるのが

f:id:satomi77:20180823105934j:plain

「ラ・パランツァ」です。こちらのレストランでビュッフェが行われています。

ラ・パランツァは入り口が上記以外にも、もう1カ所あるのが特徴。

もう一つの入口の行き方は

f:id:satomi77:20180823105946j:plain

第一ホテルアネックスの玄関に入らず、

f:id:satomi77:20180823105956j:plain

外の階段を降りて、右へ。

f:id:satomi77:20180823110005j:plain

そのまま突き当りへと進むと、外から直接入れる入口に着きます。

 

第一ホテルアネックス「ラ・パランツァ」のビュッフェは10分前になると、両方の入口に続々と人が集まってきます。予約して行くのがおすすめですよ。

  

第一ホテルアネックス「ラ・パランツァ」の店内

f:id:satomi77:20180823110026j:plain

f:id:satomi77:20180823110034j:plain

f:id:satomi77:20180823110041j:plain

こちらが第一ホテルアネックス「ラ・パランツァ」の店内、真ん中のエリアです。奥にも席があり、

f:id:satomi77:20180823110053j:plain

f:id:satomi77:20180823110100j:plain

想像以上に広々としています。

 

「ラ・パランツァ」の店内は開放感のある作りで、居心地の良さが抜群。オシャレでありながら、肩肘を張らない雰囲気がありますよ。

 

忙しい日常を忘れ、ゆっくりくつろぎながらスイーツが楽しめます。

 

ラ・パランツァのテーブル

f:id:satomi77:20180823110127j:plain

こちらがラ・パランツァのテーブルです。コンパクトなテーブルの上には、ランチョンマットが敷いてあります。

 

最初にスイーツを取る際は、テーブルの上にセットしてある大皿を使うというルールがあります。2回目以降はビュッフェ台にセットされているお皿を使用し、自由にスイーツが取れますよ。

 

カトラリー類はテーブルの上にセットしていないので、

f:id:satomi77:20180823110140j:plain

ビュッフェ台から必要なものを取ってくるようにしましょう。

 

ラ・パランツァ 窓からの風景

f:id:satomi77:20180823110201j:plain

こちらが窓からの風景です。ラ・パランツァは窓が大きいので、店内には陽の光がたっぷり差し込みます。お店は地下にありますが、大きな窓のおかげで店内は非常に明るいですよ。

 

ラ・パランツァ ドリンクコーナー

f:id:satomi77:20180823110222j:plain

f:id:satomi77:20180823110229j:plain

店内の真ん中辺りに、ドリンクコーナーがあり、料金内でソフトドリンクが飲み放題です。

 

第一ホテルアネックス「ラ・パランツァ」のビュッフェについて

f:id:satomi77:20180823110243j:plain

第一ホテルアネックス「ラ・パランツァ」では週末にビュッフェを開催。「ウィークエンドランチブッフェ」は土日祝に行われています。

f:id:satomi77:20180823110253j:plain

今回訪れたのは「イタリアンドルチェブッフェ」で日曜と祝日に行われている食べ放題です。訪れた日は、6月から8月限定の「サマードルチェビュッフェ マンゴー&ピーチ」を開催。桃とマンゴーをテーマに夏限定のドルチェが勢ぞろいです。軽食も合わせて、約30種類のメニューが90分間食べ放題ですよ。


ラ・パランツァ「イタリアンドルチェブッフェ」のスイーツ

f:id:satomi77:20180823110316j:plain

f:id:satomi77:20180823110324j:plain

店内の真ん中に、メインとなるスイーツの台が2つあります。どちらも並んでいるスイーツの種類は同じなのがポイント。そのため人が分散し、スムーズにスイーツが取れます。

f:id:satomi77:20180823110335j:plain

こちらはフルーツやパニーニが乗っている台です。

 

ラ・パランツァには、店内にピザ窯が設置してあります。

f:id:satomi77:20180823110346j:plain

その場で焼き上げられる、出来たて熱々のナポリ風のピッツァが食べられますよ。ラ・パランツァのイタリアンドルチェブッフェでは、食事系のピッツァだけでなく、スイーツピッツァも食べ放題です。


1.パリブレスト

f:id:satomi77:20180823110405j:plain

パリブレストはコクのある甘さを堪能できるスイーツ。クリームは2種類入っており、その内の1つは食感があるクリームとなっています。

f:id:satomi77:20180823110414j:plain

コクのある甘さの2種類のクリームは、香ばしい生地にぴったり。噛んだ瞬間、生地からぷしゅっと溢れるクリームがたまりません。パリブレストは、コーヒーや紅茶にも合いますよ。

 

2.マンゴーレアチーズケーキ

f:id:satomi77:20180823110432j:plain

マンゴーレアチーズケーキは、小さいながらも手が込んだスイーツです。

f:id:satomi77:20180823110442j:plain

プルプルの生地は、噛まなくても溶けていきます。最初にレアチーズの酸味が味わえ、後からマンゴーならではの甘酸っぱさが口の中に広がりますよ。


上に乗ったマンゴーは酸味が効いていて、味・食感とともにいいアクセントに。レアチーズとマンゴーの味わいが見事に共存した、フォークが進むケーキです。

 

3. キャラメルナッツとマシュマロのピッツァ

f:id:satomi77:20180823110525j:plain

キャラメルナッツとマシュマロのピッツァは、甘さを満喫できる一品。

f:id:satomi77:20180823110536j:plain

マシュマロは焼かれることで甘味が増し、表面が香ばしくなります。香りも良いのがポイントです。甘味とコクのあるソースは、マシュマロとピッツァの生地にマッチ。たっぷり甘さを堪能できるスイーツピッツァは、思わずお代わりしたくなりますよ。

 

4.マカロン2種類

f:id:satomi77:20180823110554j:plain

ラ・パランツァのビュッフェでは、マカロンが2種類並んでいました。

f:id:satomi77:20180823110605j:plain

黄色いマカロンは、柑橘系の爽やかな甘酸っぱさが楽しめます。


緑のマカロンは、深みのある甘さのクリームがたっぷり詰まっているのが特徴。噛んだ瞬間、生地からクリームがたっぷり溢れ出ますよ。

 

どちらのマカロンも生地は儚い食感。なかなか買えないお店で売られているようなマカロンも、食べ放題です。

 

5.白桃と生ハムのピッツァ

f:id:satomi77:20180823110624j:plain

白桃と生ハムのピッツァは、しょっぱフルーティな味わいがクセになります。

f:id:satomi77:20180823110634j:plain

生ハムの塩加減と桃のフルーティさがマッチした、やみつきになる味わいのピッツァです。

 

6.白桃ショートケーキ

f:id:satomi77:20180823110656j:plain

白桃ショートケーキは王道のスイーツ。ちょこんと乗った桃に、食欲を刺激されます。

f:id:satomi77:20180823110708j:plain

甘さたっぷりの生クリームは、噛みごたえのあるスポンジと相性良し。桃は控えめな甘さなので、全体のバランスを崩しません。噛むたびに、ほんのり感じる桃のフルーティさと、生クリームの甘さが堪能できます。

 

7.マンゴープリン

f:id:satomi77:20180823110724j:plain

マンゴープリンは生地のなめらかさが抜群な一品。

f:id:satomi77:20180823110736j:plain

舌触りの良いプリンは、マンゴーのソフトな甘さとフルーティさが味わえます。とろっとしたクリームとタピオカは、味や食感のアクセントになっていますよ。

生地の食感の良さとマンゴーの甘酸っぱさが、後を引くプリンです。

 

8.ウフ・アラネージュ

f:id:satomi77:20180823110754j:plain

ウフ・アラネージュはマシュマロとメレンゲの中間のような、ふわもち食感。卵白を使ったスイーツです。

f:id:satomi77:20180823110807j:plain

口の中で少しずつ溶けていき、お砂糖の甘さがどんどん広がっていきます。

 

9. マンゴーズッパイングレーゼ

f:id:satomi77:20180823110824j:plain

マンゴーズッパイングレーゼは、生地の独特な食感が楽しめるスイーツ。

f:id:satomi77:20180823110834j:plain

しっかり甘さを味わいつつ、マンゴーの甘酸っぱさのおかげでさっぱり食べられますよ。

 

10.白桃パンナコッタ

f:id:satomi77:20180823110851j:plain

白桃のパンナコッタはミルキーな味わいで、とろとろ食感です。

f:id:satomi77:20180823110902j:plain

桃の香りと味が加わったパンナコッタは、華やかな味わいが楽しめます。
桃のおかげでスプーンが進むスイーツです。

 

11.赤ピーマンのババロア

f:id:satomi77:20180823110920j:plain

赤ピーマンのババロアはスイーツと言うよりも、コースメニューの前菜の味に近い一品。

f:id:satomi77:20180823110932j:plain

赤ピーマンの苦味がたっぷり効いた、大人向けの味付けです。ババロアはなめらかで、口溶けの良さが特徴。ラ・パランツァのビュッフェなら、ユニークなスイーツも食べられますよ。

 

12.白桃タルトとマンゴータルト

f:id:satomi77:20180823111000j:plain

プチサイズのタルトは2種類並んでいました。

f:id:satomi77:20180823111009j:plain

左のマンゴータルトは、チョコ生地の甘さとマンゴーの甘酸っぱさが味わえます。
マンゴーのフルーティさのおかげで、後味はすっきり。チョコ生地のソフトな甘さの余韻にも浸れますよ。

 

右の白桃タルトは、しゃくっとした桃の食感が楽しめる一品。ミルキーな甘さのクリームと一緒に、ほんのりとした桃のフルーティさが味わえます。

 

13.ココナッツシフォンケーキ

f:id:satomi77:20180823111027j:plain

ココナッツシフォンケーキは、ふわっと仕上がった一品。
f:id:satomi77:20180823111038j:plain

お好みでクリームをトッピングできます。

f:id:satomi77:20180823111054j:plain

ココナッツならではの甘い香りが、口の中を駆け抜けます。生クリームと食べれば、甘さがさらにアップ。ココナッツ好きなら外せないシフォンケーキです。

 

14.紅茶ジュレ

f:id:satomi77:20180823111112j:plain

紅茶ジュレは、紅茶の芳醇な香りをとことん楽しめます。

f:id:satomi77:20180823111122j:plain

スッキリ味のジュレは、紅茶の風味と苦味が効いた味わい。紅茶の味を余すところなく楽しめるスイーツです。

 

15.ティラミス

f:id:satomi77:20180823111140j:plain

ラ・パランツァのティラミスは、とろっとした食感が楽しめる一品。

f:id:satomi77:20180823111151j:plain

真ん中のクリームは甘みが強いです。下には程よく苦味が効いた生地があるのが特徴。
クリームの甘さを引き立てつつ、苦味のおかげで飽きさせない味となっています。

最後まで飽きずに食べられるティラミスですよ。

 

16. ココナッツパインとマンゴーのピッツァ

f:id:satomi77:20180823111208j:plain

ココナッツパインとマンゴーのピッツァは、甘酸っぱい味をとことん堪能できる一品。

f:id:satomi77:20180823111218j:plain

パインやマンゴーは食感が残っているのがポイントです。甘酸っぱいソースはパインやマンゴー、生地との相性が良し。噛めば噛むほど、爽やかな甘酸っぱさを味わえるピッツァです。

 

17.パンプディング

f:id:satomi77:20180823111240j:plain

パンプディングは口溶け感が抜群なスイーツ。

f:id:satomi77:20180823111253j:plain

ぷるんとした食感の生地は、優しい甘さが楽しめます。カラメルのようなコクのある甘さも味わえますよ。

 

18.夏野菜のケークサレ

f:id:satomi77:20180823111313j:plain

夏野菜のケークサレは、スイーツと言うよりも食事系メニューに近い味わい。

f:id:satomi77:20180823111323j:plain

野菜のコクと、ほのかな塩っぱさが味わえます。生地はホロホロ食感で、噛めばどんどん解けていくのが特徴です。

 

19.とうもろこしのパンケーキ

f:id:satomi77:20180823111340j:plain

とうもろこしのパンケーキは、夏野菜のケークサレと同じ台に乗っていました。

パンケーキは甘さが控えめ。生地にはとうもろこしが練り込んであります。噛むたびに、とうもろこしのうま味を存分に味わえる一品です。

 

20.マンゴーパウンドケーキ

f:id:satomi77:20180823111355j:plain

マンゴーパウンドケーキは、ほのかな甘さとマンゴーの甘酸っぱさが味わえます。

f:id:satomi77:20180823111407j:plain

生地はほろっと解けていきます。上に乗ったドライフルーツの酸味と食感が、いいアクセントに。お茶請けにも合うパウンドケーキです。

 

21.マンゴーエクレア

f:id:satomi77:20180823111423j:plain

マンゴーエクレアはマンゴーパウンドケーキと同じ台に盛り付けられていました。たっぷりとマンゴー味のクリームが入っています。

 

クリームはほんのり感じるマンゴーの甘酸っぱさが心地良いです。爽やかなマンゴーの味のおかげで、後味はスッキリしていますよ。

 

ラ・パランツァ「イタリアンドルチェブッフェ」の食事メニュー

ここからはラ・パランツァのイタリアンドルチェブッフェに並んでいた、食事メニューもご紹介します。

 

・ピッツァカプリチョーザとピッツァマルゲリータ
ピッツァは食事系のメニューも食べられます。訪れた日に並んでいたのは、

f:id:satomi77:20180823111455j:plain

ピッツァカプリチョーザとピッツァマルゲリータでした。
お好みで、

f:id:satomi77:20180823111504j:plain

タバスコやオリーブオイルなどもかけられます。

f:id:satomi77:20180823111515j:plain

左側のピッツァカプリチョーザは、野菜の持つ味を楽しめる一品。ピーマンの苦味やトマトの酸味などがしっかり味わえます。

 

右側のピッツァマルゲリータは、酸味が効いたトマトソースとサクサク感ともちもち感が楽しめる生地との相性が抜群です。

 

ラ・パランツァのビュッフェでは、本場イタリアの焼きたて食事系ピッツァも食べ放題ですよ。

 

・パニーニ

f:id:satomi77:20180823111532j:plain

f:id:satomi77:20180823111540j:plain

パニーニは新鮮で酸味が控えめなトマトと、塩味の効いたチーズが楽しめます。
もちっとしたパンは歯ざわりが良いのが特徴です。

 

・本日のピラフ

f:id:satomi77:20180823111555j:plain

本日のピラフはカレー風味でスパイスが効いた一品。
f:id:satomi77:20180823111606j:plain

スパイスの香りは強いですが、味付けは濃すぎません。スイーツの合間に食べるのに最適な味付けです。グリンピースやお肉は食感が良く、噛みごたえがあります。

 

・本日のパスタ

f:id:satomi77:20180823111624j:plain

本日のパスタは水菜とマッシュルーム、トマト、鮭が入ったオイリーなものが並んでいました。

f:id:satomi77:20180823111634j:plain

かすかに感じる塩味が、後を引きます。
本日のパスタは途中で種類が入れ替わるので、さまざまな味を堪能できますよ。

 

・ミネストローネ

f:id:satomi77:20180823111650j:plain

ラ・パランツァのミネストローネは、酸味と塩分が控えめで飲みやすい味。

f:id:satomi77:20180823111702j:plain

コクがたっぷりあるミネストローネは、飲むとホッとします。スイーツの合間に飲むのもおすすめです。

 

第一ホテルアネックス「ラ・パランツァ」ビュッフェまとめ

f:id:satomi77:20180823111713j:plain


▽客層について
ラ・パランツァのイタリアンドルチェブッフェは、日にちが限定で、しかも15時30分から17時にも関わらず大賑わいでした。お客さんは女性同士の方やご夫婦、カップル、ファミリー、グループなどさまざま。中には一人で来て、スイーツを心置きなく楽しんでいる方もいました。

 

皆さん和やかにスイーツを楽しんでいた印象です。誰かと来ても一人で来ても、存分にスイーツが楽しめるお店です。

 

▽スタッフの方について
スタッフの方は佇まいや所作がスマートでした。きびきびとした動きでお皿を下げてくれます。ビュッフェの価格自体はリーズナブルですが、サービスはお値段以上のものを受けられたという印象です。


▽20種類以上のイタリアンドルチェが食べ放題!「ラ・パランツァ」
第一ホテルアネックスのラ・パランツァでは、リーズナブルな価格でスイーツが食べ放題。20種類以上のスイーツは、王道なものから他では味わえないユニークなものまで、多種多様です。さまざまなスイーツをお腹いっぱい楽しめます。焼きたてのピッツァをはじめ、軽食もあるのが嬉しいポイントです。

 

友達や家族と来ても良し、一人で自由にスイーツを堪能するも良し。お財布に優しく種類が豊富なラ・パランツァのビュッフェで、たまにはスイーツを食べ比べてみませんか!?


第一ホテルアネックス トラットリア「ラ・パランツァ」
〒100-0011
東京都千代田区内幸町1丁目5番2号 B1
https://www.hankyu-hotel.com/hotel/dh/dhtokyo/contents/restaurants/laparanza

 

スポンサードリンク