女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。

アジュール竹芝「カフェレルブ」ランチビュッフェ 口コミ

f:id:satomi77:20180803093721j:plain

今回は東京都港区にあるベイサイドホテル「アジュール竹芝」の「カフェレルブ」のランチビュッフェでスイーツをたくさん食べてきたのでレポートします。

スポンサードリンク
 

 

アジュール竹芝「カフェレルブ」の行き方

f:id:satomi77:20180803093734j:plain

ベイサイドホテル「アジュール竹芝」は、JR山手線・京浜東北線の浜松町駅下車。北口から徒歩7分の距離にあるホテルです。東京臨海新交通ゆりかもめの竹芝駅からなら、徒歩1分で訪れられます。

f:id:satomi77:20180803093859j:plain

こちらはアジュール竹芝1階の玄関です。玄関からホテルの中へ。

f:id:satomi77:20180803093921j:plain

f:id:satomi77:20180803093929j:plain

ロビーに入り、右に曲がります。

f:id:satomi77:20180803093941j:plain

f:id:satomi77:20180803093949j:plain

右に曲がった後、案内に沿って進むとエレベーターホールに到着。
エレベーターでフロントのある4階に上がります。

f:id:satomi77:20180803094000j:plain

4階に到着したら左へ。

f:id:satomi77:20180803094014j:plain

道なりに進むと、

f:id:satomi77:20180803094027j:plain

f:id:satomi77:20180803094037j:plain

フロントに出ます。そのままフロントの奥へと進み、

f:id:satomi77:20180803094050j:plain

右に曲がるとあるのが

f:id:satomi77:20180803094101j:plain

カフェレルブ」です。こちらのレストランでランチビュッフェが行われています。

 

アジュール竹芝「カフェレルブ」ランチビュッフェ詳細

アジュール竹芝「カフェレルブ」のランチビュッフェは、平日の11時から14時まで開催。制限時間はないので、ゆっくりスイーツやお料理が楽しめます。

お値段は税込で1,000円なので、大変お得なビュッフェですよ!(2018年8月現在)


カフェレルブの店内

f:id:satomi77:20180803094129j:plain

f:id:satomi77:20180803094137j:plain

f:id:satomi77:20180803094144j:plain

こちらがカフェレルブの店内です。オープン直後に撮影しました。

カフェレルブはコンパクトな店内で、入口側にビュッフェ台があります。

 

カフェレルブのテーブル

f:id:satomi77:20180803094233j:plain

こちらが2人席のテーブルです。標準サイズなので、お皿を並べても問題なく食事が可能。隣の席とは人一人分ほど離れているので、隣を気にせず食事が楽しめます。

カトラリー類などはテーブルにセットしてありません。そのため、

f:id:satomi77:20180803094245j:plain

ビュッフェ台の一角にあるカトラリー類のコーナーから、必要なものを取ってくるようにしましょう。


「カフェレルブ」窓からの風景

f:id:satomi77:20180803094329j:plain

こちらがカフェレルブの窓からの風景です。窓が大きく海に面しているので、見晴らしは抜群ですよ!


「カフェレルブ」ドリンクコーナー

f:id:satomi77:20180803094401j:plain

f:id:satomi77:20180803094410j:plain

f:id:satomi77:20180803094421j:plain

ドリンクコーナーは窓側にあります。料金内でコーヒーや紅茶を始め、様々なソフトドリンクが飲み放題です。

 

アジュール竹芝「カフェレルブ」ランチビュッフェ実食!

カフェレルブ「ランチビュッフェ」のスイーツ

f:id:satomi77:20180803094451j:plain

f:id:satomi77:20180803094508j:plain

こちらがカフェレルブのスイーツの台です。一口サイズで食べやすいスイーツが並んでいます。

 

1.ブルーハワイのゼリー

f:id:satomi77:20180803095015j:plain

ブルーハワイのゼリーは、夏にぴったりな爽やかなスイーツ。

f:id:satomi77:20180803095031j:plain

ブルーハワイならではの、スッキリとした甘酸っぱさが味わえます。

 

ちゅるんとした食感のゼリーの中には、ナタデココも入っているのがポイント。ナタデココの食感がアクセントになっています。

 

ゼリーの爽やかな甘酸っぱさが、口の中をさっぱりさせてくれる。食事の合間や締めにもぴったりな一品です。

 

2. ストロベリームースケーキ

f:id:satomi77:20180803095050j:plain

ストロベリームースケーキは、イチゴならではの甘酸っぱさが満喫できるスイーツです。

f:id:satomi77:20180803095101j:plain

一番上の部分は、酸味が強いイチゴ味が楽しめます。


真ん中のイチゴ味のムースは、口溶け感良し。まろやかな甘酸っぱさが味わえます。ムースの中にはイチゴの粒のような物も入っているので、イチゴの味が際立っていますよ。心地よいイチゴの甘酸っぱさをたっぷりと堪能できる。フォークが進むムースケーキです。

 

3.フルーツポンチ

f:id:satomi77:20180803095120j:plain

カフェレルブのフルーツポンチは、具材が盛りだくさん。

f:id:satomi77:20180803095130j:plain

黄桃は甘酸っぱく、さっぱりとした味わい。杏仁豆腐は後からコクのある、優しい甘さが味わえます。

 

最大の売りは、食感の良いくずきり。くずきりはさっぱりとした甘酸っぱさのシロップが、よく絡んでいます。シロップのフルーティな甘さをとことん楽しめますよ。

 

一杯で色んな味と食感が堪能できる。くずきりも入ったカフェレルブのフルーツポンチは、他では味わえないユニークな一品です。


4.ロールケーキ

f:id:satomi77:20180803095153j:plain

ロールケーキは可愛らしい一口サイズです。

f:id:satomi77:20180803095205j:plain

しっとりとした生地は、食感があるのが特徴。噛むたびにソフトな甘さが楽しめます。もったりとした食感の生クリームは甘みが強く、甘さが口の中でじんわりと広がりますよ。

 

5.コーヒーゼリー

f:id:satomi77:20180803095305j:plain

カフェレルブのコーヒーゼリーは、絶妙なコーヒーの苦味が楽しめるスイーツ。

f:id:satomi77:20180803095316j:plain

口に含んだ瞬間、鼻に抜けていく豊かなコーヒーの香りがたまりません。ゼリーはコーヒーの苦味がガツンと味わいつつ、苦すぎないのがポイント。コーヒーのうま味を感じられる、ギリギリのラインの苦味が楽しめます。

 

噛めば噛むほど、かすかな甘さも感じられますよ。コーヒーの味を十二分に楽しめるスイーツです。


6.マンゴーパラダイス

f:id:satomi77:20180803095333j:plain

マンゴーパラダイスはマンゴーの味を存分に楽しめます。

f:id:satomi77:20180803095344j:plain

上の黄色の部分は、強めのマンゴーの味わい。口の中でマンゴーの甘酸っぱさがぶわっと広がります。真ん中のクリームはなめらか。マンゴーのフルーティさと一緒に、コクのある甘さが味わえます。

マンゴー好きなら外せないスイーツです。

 

7.フルーツ

f:id:satomi77:20180803095408j:plain

カフェレルブのビュッフェ台には、フルーツも並んでいました。今回訪れた日はオレンジとパイナップル、スイカがラインアップ。

f:id:satomi77:20180803095420j:plain

パイナップルは甘みが強く、酸味が控えめ。オレンジは皮に切れ目が入っているので、食べやすいです。苦味などがなく、甘さが際立っています。

 

スイカはワンカットが大きく、見るだけで食欲を刺激。シャリシャリ食感でスッキリとした甘さが味わえます。カフェレルブでは甘みがしっかりしているフルーツも食べ放題です。

 

8.キャラメルソースとクラッカー

f:id:satomi77:20180803095439j:plain

キャラメルソースはクラッカーと一緒に食べます。

f:id:satomi77:20180803095448j:plain

なめらかなキャラメルソースはコクがあり、はっきりとした甘さが味わえます。

f:id:satomi77:20180803095459j:plain

キャラメルソースは塩味が効いたクラッカーと相性良し。甘じょっぱい味に、思わずハマる一品です。

 

9.キャラメルソースとバゲット

キャラメルソースはビュッフェ台に並んでいたバゲットとも合わせて食べました。

f:id:satomi77:20180803095551j:plain

f:id:satomi77:20180803095559j:plain

バゲットは切れ目が入っているので、ソースを塗るもの楽々。

f:id:satomi77:20180803095611j:plain

バゲットと合わさることで、キャラメルソースの甘さがより引き立ちます。自分なりのアレンジが楽しめるのも、ビュッフェの魅力ですね!

 

10.カスタードプリン

f:id:satomi77:20180803095635j:plain

カスタードプリンは、おかわりせずにはいられないスイーツ。

f:id:satomi77:20180803095649j:plain

カスタードの濃密な甘さに、スプーンが止まらなくなります!プリンは舌触りも良し。絶妙な柔らかい食感がたまりません。

 

マンゴーソースはかかっているものの、味はイマイチわからず。けれどそれ以上に、カスタードの甘さとうま味に病み付きになるプリンです。

 

11.抹茶ブラウニー

f:id:satomi77:20180803095709j:plain

抹茶ブラウニーは甘すぎないスイーツ。

f:id:satomi77:20180803095719j:plain

しっとりとした生地は、噛むたびにほのかな抹茶の風味と、控えめな甘さが味わえます。抹茶ブラウニーは甘さが感じられながらも、甘すぎない。コーヒーや紅茶にも合う一品です。


カフェレルブ「ランチビュッフェ」の食事メニュー

ここからはカフェレルブのランチビュッフェで並んでいた、食事メニューもご紹介していきます。

 

・サラダ
カフェレルブのサラダコーナーは、種類が充実しています。

f:id:satomi77:20180803095816j:plain

f:id:satomi77:20180803095824j:plain

野菜に加えて、キヌアミックスやカカオニブなどのスーパーフードも並んでいますよ。

f:id:satomi77:20180803095837j:plain

こちらのスーパーフードも取り放題です。

f:id:satomi77:20180803095849j:plain

ドレッシングは3種類。今回はノンオイルの青じそドレッシングを掛けました。

f:id:satomi77:20180803095900j:plain

新鮮な野菜と一緒に栄養満点なスーパーフードも味わえるので、満足感が高いです。

カフェレルブなら、野菜と一緒に普段はなかなか食べられないスーパーフードも、好きなだけ楽しめます。

 

・冷製パスタ

f:id:satomi77:20180803095918j:plain

細麺を使った冷製パスタも食べ放題です。

f:id:satomi77:20180803095931j:plain

冷製パスタ用のトッピングも充実しています。パスタはサラダコーナーにあった水菜を乗っけて食べました。

f:id:satomi77:20180803095943j:plain

トマトソースは酸味が控えめで、トマトのコクとうま味をたっぷり味わえます。さっぱり味のソースは、細麺にマッチ。水菜と一緒に食べればシャキシャキ感が加わって、噛み応えがアップします。夏にふさわしい、さっぱり味のトマトパスタです。

 

・ローストポーク

カフェレルブにはお肉好きに嬉しい、ローストポークもあります。

f:id:satomi77:20180803100003j:plain

f:id:satomi77:20180803100010j:plain

ローストポークは和風おろしソースをかけて食べます。お皿にスペースがあったので、野菜も一緒に添えました。

f:id:satomi77:20180803100023j:plain


ローストポークはほどよく脂が乗っているのが特徴。和風おろしソースは味が濃いのに、おろしのおかげで後味がスッキリしていて食べやすいです。お肉好きも満足できるローストポークも、おかわり自由ですよ。

 

・レッドカレー

f:id:satomi77:20180803100037j:plain

レッドカレーは鍋を開けた瞬間、漂うスパイスの香りが食欲を刺激します。

f:id:satomi77:20180803100047j:plain

ご飯を盛り、好きな量のカレールーをかけましょう。

f:id:satomi77:20180803100100j:plain

カレーはトッピングも充実。今回はフライドオニオンをかけました。

f:id:satomi77:20180803100112j:plain

酸味が効いたレッドカレーは、後から来るスパイシーさがクセになります。辛いけれどうま味も感じられるので、スプーンが進みますよ。

 

カレーの中には茄子やヤングコーンなど、夏野菜がゴロっと入っているのもポイント。
味と具材とともに満足度が高いカレーです。

 

・グリーンカレー

f:id:satomi77:20180803100129j:plain

カレーは途中からグリーンカレーに変わっていました。

f:id:satomi77:20180803100139j:plain

サラサラタイプのグリーンカレーは、レッドカレー以上の辛さ。けれど後からまろやかさが味わえるので、想像以上に食べやすいです。

 

カフェレルブのグリーンカレーは癖がなく、辛さ一辺倒ではない味が後を引きます。
食べ始めるとスプーンが止まらなくなる一杯です。

 

アジュール竹芝「カフェレルブ」ランチビュッフェ

f:id:satomi77:20180803100154j:plain

◇客層について
カフェレルブはホテル近隣のオフィスで働いているお客さんが多い印象です。その他にも女性同士のお客さんもいました。オープンは11時ですが、12時を過ぎるとお客さんでいっぱいになるほど人気。どのお客さんも和やかな雰囲気の中、食事と会話を楽しんでいました。

 

◇スタッフの方について
スタッフの方は非常にテキパキお仕事されている印象です。こまめにお皿を下げてくれたり、すばやくお料理を補充したりしてくれます。おかげでお客さんが多い時間帯でも、お料理が切れたままということがありません。

 

スイーツの名前が気になったので尋ねたところ、シェフの方に聞いて名前を教えてくれたのが印象的です。カフェレルブのスタッフの方は、サービスも丁寧という印象もあります。

 

◇たった1,000円でスイーツも食べ放題!「カフェレルブ」
ホテルアジュール竹芝のカフェレルブでは、1,000円で食べ放題が楽しめます!お料理やスイーツは少数精鋭。品数が絞られている分、しっかりとした味のメニューが堪能できますよ。

 

スイーツは途中で追加されるので、色んな種類が味わえます。

数々のお料理が食べられてドリンクが飲み放題な上に、時間制限もなし。それで1,000円という、非常にお得なビュッフェです。

 

リーズナブルなビュッフェを探している方!穴場のカフェレルブのランチビュッフェで、お腹いっぱいスイーツを食べてみませんか?

 

ベイサイドホテル「アジュール竹芝」カフェレルブ
〒105-0022 東京都港区海岸1-11-2 4F
03-3437-2320
http://www.hotel-azur.com/restaurant/lherbe/

 

スポンサードリンク