女子リキ@スイーツ部

女子リキ公認(公式)ブログ「女子リキ@スイーツ部」。 女子リキ本家では美容全般の情報を公開してますが、ここではスイーツのレビューやおいしいスイーツ店の紹介、スイーツレシピなどスイーツに特化した情報を公開します。

ホテルグリーンタワー幕張「ラ・フォーレ」ランチビュッフェ 口コミ

f:id:satomi77:20180426143331j:plain

千葉市にある「ホテルグリーンタワー幕張」のレストラン「ラ・フォーレ」に行ってきました。ランチビュッフェでスイーツをたくさん食べてきたのでレポートします。

スポンサードリンク
 

 

f:id:satomi77:20180426143351j:plain

ホテルグリーンタワー幕張は、JR京葉線海浜幕張駅より徒歩3分のところにあるホテルです。道路を挟んだ向かい側には、三井アウトレットパーク幕張があります。

f:id:satomi77:20180426143403j:plain

f:id:satomi77:20180426143413j:plain

正面玄関から入り、

f:id:satomi77:20180426143424j:plain

f:id:satomi77:20180426143432j:plain

f:id:satomi77:20180426143440j:plain

ロビーへ。

f:id:satomi77:20180426143450j:plain

玄関を背にして右側に進むとあるのが、

f:id:satomi77:20180426143501j:plain

「ラ・フォーレ」です。こちらのレストランでビュッフェが行われています。

 

▽ホテルグリーンタワー幕張 ラ・フォーレについて

f:id:satomi77:20180426143522j:plain

ラ・フォーレのランチビュッフェでは平日は時間無制限で、スイーツや食事メニューを堪能できます。またランチビュッフェ限定で、中がしっとりふわっとしたフレンチトーストも食べ放題です。

 

▽ラ・フォーレの店内について

f:id:satomi77:20180426143540j:plain

f:id:satomi77:20180426143547j:plain

f:id:satomi77:20180426143556j:plain

f:id:satomi77:20180426143637j:plain

ラ・フォーレは総座席数が96席で、店内は余裕のある作りとなっているので、ゆったりと過ごせます。


入口付近にスイーツや食事メニューのビュッフェ台が並び、店内の真ん中にはライブキッチンコーナー、そして奥が客席のエリアとなっています。

 

▽ラ・フォーレ窓からの風景

f:id:satomi77:20180426143654j:plain

f:id:satomi77:20180426143703j:plain

ラ・フォーレは道路側が全て大きな窓になっていて、晴れた日には店内に陽の光がたっぷり差し込むようになっています。レストランは1階にあるので、窓から海浜幕張の街並みを見ながら食事が可能です。

 

▽ラ・フォーレのテーブルについて

f:id:satomi77:20180426143724j:plain

テーブルは広すぎず狭すぎないので、お皿を並べても快適に食事ができます。テーブルの上にはおしぼりがセットしてあるものの、カトラリー類はセットされていないのが少し残念です。


カトラリー類は、

f:id:satomi77:20180426143736j:plain

ビュッフェ台から必要なものを、食事と一緒に取ってくるのがおすすめです。


▽ラ・フォーレのビュッフェのドリンク

f:id:satomi77:20180426143754j:plain

f:id:satomi77:20180426143802j:plain

ラ・フォーレのビュッフェでは、料金内でソフトドリンクも飲み放題。店内の真ん中にあるカウンターから、冷たいジュースやコーヒー、豊富な種類のお茶などが飲めます。


▽ラ・フォーレのランチビュッフェのスイーツ

f:id:satomi77:20180426143832j:plain

スイーツのビュッフェ台は入口付近にあります。

f:id:satomi77:20180426143845j:plain

f:id:satomi77:20180426143854j:plain

f:id:satomi77:20180426143903j:plain

f:id:satomi77:20180426143910j:plain

ラ・フォーレに訪れた日は、ビュッフェ台に苺のスイーツがたくさん並んでいました。様々なスイーツを心ゆくまで堪能できます。

 

次の項目からはいよいよ、ラ・フォーレのランチビュッフェに並んでいたスイーツについてレポートしていきます。

 

1. 苺のモンブラン

f:id:satomi77:20180426143934j:plain

苺のモンブランはチョコ味と苺味の、いいとこどりなスイーツ。

f:id:satomi77:20180426143946j:plain

ふわっとした生地は優しい甘さのチョコ味で、なめらかでほんのり甘酸っぱい苺のクリームとのハーモニーが、格別な味わいです。


カットされた酸味の強い苺や散りばめられた苺風味のパリパリのおかげで、苺の味をたっぷりと楽しみつつ、最後まで飽きずに食べられます。チョコの甘さと苺の甘酸っぱさが一度に満喫できる、幸せな味のモンブランです。

 

2.フレンチトースト

f:id:satomi77:20180426144007j:plain

ラ・フォーレではバニラアイス添えのフレンチトーストが、ランチ限定で食べ放題です。

f:id:satomi77:20180426144018j:plain

ライブキッチンコーナーで注文すると目の前でフレンチトーストを焼き、仕上げにバニラアイスを添え、上からたっぷりハチミツをかけてくれます。

f:id:satomi77:20180426144032j:plain

フレンチトーストは丁度良い熱さなので食べやすく、ふわとろな食感が絶妙。噛むごとに優しい卵の旨味と甘さが堪能でき、あっという間に口の中に溶けていきます。たっぷりかかったハチミツは喉が焼けない上質な甘さで、フレンチトーストの甘さをより増してくれます。

 

添えられたバニラアイスを乗っけて食べれば、悪魔的な美味しさに変化。熱冷たい感触と甘さたっぷりの味わいは、一度食べれば病みつきになること間違いなしです。

 

ラ・フォーレのランチビュッフェで食べられる、極上な甘さのフレンチトースト。ぜひ味わってみてはいかがでしょうか?

 

3. 苺のシュータワー

f:id:satomi77:20180426144054j:plain

苺のシュータワーは、高さのある盛り付け方にテンションが上がるメニュー。

f:id:satomi77:20180426144109j:plain

皮はほんのり香る苺味で、中には甘みの強い苺のクリームが入っています。クリームは後になるにつれて、苺ならではの甘酸っぱさが強く感じられるのがポイントです。
苺の味を堪能できるシュークリームは、苺好きなら外せないスイーツです。

 

4. 苺の白ワインジュレ

f:id:satomi77:20180426144128j:plain

f:id:satomi77:20180426144139j:plain

苺の白ワインジュレは苺の香りまで楽しめる一品です。白ワインジュレはさっぱりとしていて、ほのかに奥行きのある味わい。


ジュレの下にはつぶつぶ感まで味わえるカットされた苺が入っていて、爽やかな甘酸っぱさと、口に広がるフレッシュな香りが楽しめます。他のスイーツや、食事メニューの合間に食べるのもぴったりなジュレです。

 

5. フルーツポンチ

f:id:satomi77:20180426144200j:plain

f:id:satomi77:20180426144211j:plain

フルーツポンチはスッキリとしたシロップの甘さのおかげで、スプーンが進む一品です。ナタデココの歯ごたえのある食感と、パイナップルの果肉感が素晴らしく、スルスルと食べられます。

 

6. 苺のムースケーキ

f:id:satomi77:20180426144229j:plain

f:id:satomi77:20180426144237j:plain

苺のムースケーキは、ミルキーな苺の味わいがクセになるスイーツ。ムースは口に含むとじんわりと溶けていき、ミルク感の強い苺の甘さがじっくり味わえます。


また苺のソースがかかっているところを食べれば、より苺の甘酸っぱさと香りが堪能できます。口当たりの良い苺の甘さを、とことん楽しめるケーキです。

 

7.コーヒーゼリー

f:id:satomi77:20180426144255j:plain

f:id:satomi77:20180426144303j:plain

コーヒーゼリーはぷるんとした食感の、苦味がほどよく効いた一品です。

f:id:satomi77:20180426144344j:plain

お好みでミルクをかけることで味に奥行きが加わり、旨さがアップ。コーヒー好きにもおすすめのスイーツです。

 

8.あまおう苺のプリン

f:id:satomi77:20180426144412j:plain

f:id:satomi77:20180426144424j:plain

あまおう苺のプリンは、後味が抜群にいいスイーツ。
弾力感のあるプリンは、噛むごとにミルク感が強い苺の味わいが楽しめます。ソフトな苺味は口の中に残ってくれるので、苺の味の余韻に浸れます。

 

9.マンデリン

f:id:satomi77:20180426144442j:plain

f:id:satomi77:20180426144452j:plain

ラ・フォーレのマンデリンは、柑橘系好きならおさえておきたいメニュー。
果肉を一粒一粒感じられるみかんは、爽やかな甘酸っぱさが味わえ、さっぱりとした甘さのシロップと相性が良いです。食べ始めるとスプーンが止まらなくなります。

 

10.苺ラッシー

f:id:satomi77:20180426144509j:plain

f:id:satomi77:20180426144518j:plain

苺ラッシーは、苺の甘酸っぱさをダイレクトに楽しめます。中には大きめにカットされた苺が入っているので、飲みごたえあり。のどごしが良く、心地良い甘酸っぱさが味わえます。

 

11.フルーツ

f:id:satomi77:20180426144534j:plain

ラ・フォーレのスイーツのビュッフェ台にはフルーツもあり、訪れた日にはグレープフルーツとオレンジが並んでいました。


どちらのフルーツも皮から離れやすく、えぐみがないのが特長。グレープフルーツもオレンジも新鮮で、食べやすい酸味が味わえます。

 

12.苺のトライフル

f:id:satomi77:20180426144552j:plain

苺のトライフルは途中で追加されたスイーツで、苺の味をたっぷり堪能できます。

f:id:satomi77:20180426144606j:plain

トライフルはスポンジ生地や生クリームの甘さがたっぷり味わえるのに、もたれません。その理由は、ふんだんに使われた苺のソースやカットされた苺の存在。


たっぷり楽しめる苺の甘酸っぱさのおかげで味が単調にならず、パクパク食べられます。特に噛みしめるごとに口の中で広がっていく、甘酸っぱさが際立つ苺のソースが素晴らしいです。


苺風味のくだかれたパリパリもたくさんかかっているので、苺の味を余すところなく楽しめます。

 

▽ラ・フォーレのビュッフェの食事メニュー

ここからはラ・フォーレのビュッフェで並んでいた食事メニューも、一部ご紹介します。

 

・ローストビーフ

f:id:satomi77:20180426144636j:plain

ローストビーフは店内の真ん中にある、ライブキッチンコーナーから取ることができます。一皿目はガーリック醤油ソースで頂きました。

f:id:satomi77:20180426144648j:plain

低温焼成のローストビーフは脂身とお肉の部分のバランスが絶妙。厚みがあるお肉は噛むたびに、ビーフの旨味と甘辛くガーリックが効いたソースの味が楽しめます。

f:id:satomi77:20180426144701j:plain

おかわりはドミソースと、シェフおすすめのレホールで頂きました。ローストビーフはコクのあるドミソースとも相性が良く、レホールの辛さがいいアクセントになってどんどん食べられます。ラ・フォーレでは、お肉好きが満足できるローストビーフも食べ放題です。

 

・サラダ

f:id:satomi77:20180426144722j:plain

ラ・フォーレではオリジナルサラダを作って食べられます。今回はレタスミックスにオクラ、オニオンスライス、紅芯大根をチョイス。

f:id:satomi77:20180426144737j:plain

4種類のドレッシングの中から、青じそドレッシングを選んでかけました。

f:id:satomi77:20180426144750j:plain

どのお野菜も新鮮シャキシャキで、酸っぱさ控えめな青じそドレッシングがよく合います。

 

・あさりと春野菜のポトフ

f:id:satomi77:20180426144806j:plain

f:id:satomi77:20180426144815j:plain

あさりと春野菜のポトフは、素材の旨味がぎゅっと詰まったピリ辛スープ。たけのこやキャベツなど、春野菜がたっぷり入った食べるスープなので、満足感が段違いです。

 

・ローズマリーチキングリル

f:id:satomi77:20180426144833j:plain

f:id:satomi77:20180426144841j:plain

ローズマリーチキングリルはぷりっぷりでジューシー、塩加減が絶妙なメニューです。鶏肉の脂の旨さがしっかり感じられるのにローズマリーのおかげでもたれず、どんどん食べられます。


付け合せの野菜は火加減が丁度良く、野菜の旨味と歯ざわりのいい食感が楽しめます。
特に甘いフルーツトマトとホクホクのジャガイモが格別でした。

 

・シェフ特製カレー

f:id:satomi77:20180426144900j:plain

シェフ特製カレーはピリ辛でコク旨、スプーンが進みすぎる一品です。

f:id:satomi77:20180426144912j:plain

お好みでらっきょや福神漬けが添えられます。

f:id:satomi77:20180426144923j:plain

後引く辛さのルーには挽き肉がたっぷり入っているので、食べごたえ抜群です。
「シェフ特製」の名前にふさわしい、美味しさ満点なカレーです。

 

▽ホテルグリーンタワー幕張「ラ・フォーレ」ビュッフェまとめ

f:id:satomi77:20180426144939j:plain

ラ・フォーレのランチビュッフェでは、一つ一つ丁寧に作られたスイーツの数々が楽しめます。特にランチビュッフェ限定のフレンチトーストは絶品なので、スイーツ好きなら必ずおさえておきたいメニューです。


また食事メニューも、どれも手が込んでいるのが特長。友達同士や家族で訪れても、みんなが満足できるビュッフェです。

 

◇ラ・フォーレ客層について

ラ・フォーレに訪れたのは平日ですが、女性同士のお客さんやファミリーの方、ご年配のグループの方、カップルなど様々な年代の方がビュッフェを楽しんでいました。
どの方も和気あいあいとした雰囲気があり、スイーツや食事メニューを味わっていました。

 

◇ラ・フォーレのスタッフについて

スタッフの方がこまめにお皿を下げてくれるので、テーブルの上は常にスッキリ。快適に食事ができました。またライブキッチンコーナーにいらしたシェフはとっても気さくな方で、話しかけてくれたり、おすすめのメニューを紹介してくれたりしたのが印象的。シェフのおかげで色んなメニューが食べられて、大満足です。気持ちの良い接客のおかげで、また来たいと思わせてくれるビュッフェです。

 

◇スイーツ好き必見!コスパ最高な穴場ビュッフェ「ラ・フォーレ」

ホテルグリーンタワー幕張の「ラ・フォーレ」では、リーズナブルな値段で手が込んだスイーツや、バリエーション豊かな食事メニューの数々が食べられます。


しかも平日のランチビュッフェなら時間無制限な上に、絶品フレンチトーストまで食べ放題。お財布に優しく非常にお得な、コスパが最高なビュッフェです。

 

三井アウトレットパーク幕張の向かい側にホテルグリーンタワー幕張があるので、買い物帰りに立ち寄って食事をするのもおすすめ。


友達同士や家族みんなが楽しめる穴場のビュッフェに、ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか?

 

ホテルグリーンタワー幕張「ラ・フォーレ」
〒261-0021
千葉県千葉市美浜区ひび野2-10-3
海浜幕張駅より徒歩3分
https://www.greentower.co.jp/restaurant/la_foret/

 

スポンサードリンク